歯の掃除2023年11月27日

3か月ぶりに歯科医に行き歯垢掃除をした。2400円だったから国保は5600円払ったことになる。本当に必要な予防措置なのだろうか?歯科衛生技師が電動ブラシで歯垢を削ってくれるのだのがこれが痛い。歯茎の間近でブラシをかけるので出血する。散髪をしたような、なんとなくさっぱりした気持ちはするのだが、本当に必要なことなのかと膨らむ国民保険費用の増大に胸を痛めている自分が悲しい。

最後に歯科医が来て、次は3か月後ですと宣う。はいわかりましたと予約を取るが、わしの疑問は消えない。この歯垢を取る作業が本当に歯の予防になり医療費の負担軽減になるのかどうかエビデンスはあるのかどうか分からないのだ。こうして高齢者は歯が痛いわけでもないのに一律歯科医で3か月に一度、1年間で2万円ほどの支出を保健医療費を支出している。歯医者の利益ではなく国民の利益であると信じたい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://so2.asablo.jp/blog/2023/11/27/9637935/tb

Google
www Blog